自分のことをコミュ障だと思っている人の67%は実際はコミュ障ではありません。ただの人見知りです。

え?何が違うの?
と思うかもしれませんが、コミュ障と人見知りは全くの別物です。その性質は真逆なので治し方も全然違います。にもかかわらず、コミュ障と人見知りを混同している人が多い!

そこで今回は元コミュ障の僕が、コミュ障と人見知りの違いとそれぞれの治し方をお伝えします。

 

コミュ障と人見知りの違い

こんにちは、しろえちです。
早速本題に入りましょう。
コミュ障と人見知りの違いを説明するために、それぞれの特徴を箇条書きしました。3つ以上当てはまったら該当者です。

 

人見知りの特徴

  • 初対面だと緊張して上手く話せない
  • 店員さんとか苦手
  • でもよく知ってる人は平気
  • 会う回数を重ねるごとに打ち解けていく
  • 仲良くなるとめっちゃしゃべる
  • 自分から話しかけるのはちょっと苦手
  • でも話しかけられたら普通に楽しく話せる

 

コミュ障の特徴

  • 初対面は何とか話せる
  • 店員さんとかその場限りの人が相手だとそこまで緊張しない
  • 初対面より2回目以降の方が緊張する
  • 知り合いと話すのが苦手
  • 会う回数を重ねるごとに話すことがなくなり、気まずくなる
  • 自分から話しかけることができても、会話が続かない
  • 相手から話しかけられても、上手く返せず会話が続かない
  • 知り合いはできても友達ができない

⇒ コミュ障を30日で治す方法

 

どうですか?真逆でしょう?
簡単にまとめると・・・

人見知りとは、仲良くなるのに時間がかかるだけでコミュニケーション能力はある人のことを指します。

コミュ障とは、コミュニケーション能力が無く、人と仲良くなれない人のことを指します。

 

このコミュ障と人見知りの分類は、僕個人の意見ではなく、世間的にも広く支持されている考え方です。その証拠に、僕が以前このことを自分のTwitterでつぶやいたところ、約5万人にリツイートされました

 

コミュ障と人見知りをどっちも併発?

しかし、たまにコミュ障と人見知りの両方を併発するケースがあります。

真逆なのに併発って矛盾してない?
と思うかもしれませんが、要するに、コミュ障と人見知りの悪い部分だけを併せ持ったパターンです。特徴を以下に示します。

  • 初対面の人には緊張して上手く話せない
  • 知り合いにも緊張してしまう
  • 会う回数を重ねても距離が縮まらない
  • 自分から話しかけられない
  • 相手から話しかけられても上手く返せない
  • 友達ができない

僕はこれを「ハイブリット」と呼んでいます(そのまま笑)。ハイブリットは、コミュ障を治そうとしてなるケースと、人見知りが重症化してなるケースがあります。

 

◆コミュ障 ⇒ ハイブリット

一番多いのは、コミュ障を治そうと頑張った結果、ハイブリットになってしまうパターンです。

コミュ障を治すために色んな人と会って話したものの、なかなか友達ができないでいると、初対面の人に対して「今は話せてるけど、どうせこの人とも会う度に気まずくなるんだろうな」と思うようになってしまいます。

そうなると、段々初対面の人と話すのも怖くなってきて、ハイブリットになってしまいます。僕はこのパターンでハイブリットになりました。

 

◆人見知り ⇒ ハイブリット

また、人見知りからハイブリットになるケースもあります。それまでは友達もいたため人見知りでも何とかやってこれた人が、急に知り合いが1人もいない大学・会社に行った場合、誰とも話せずぼっちになる可能性が高いです。

その結果、会話の仕方・友達の作り方を忘れてハイブリットになることがあります。

 

コミュ障と人見知りは治し方も違う

人見知りとコミュ障
性質が間逆なので、その治し方も全く違います

 

1.人見知りの治し方

人見知りはコミュニケーション能力に関しては何の問題もありません。ただ、知らない人が苦手なせいで仲良くなるのに少し時間がかかるだけです。

なので、とにかく場数を踏んで慣れることで人見知りは改善します。

 

2.コミュ障の治し方

それに対して、「コミュ障」はコミュニケーション能力に大きな問題があります

そのため、ただ場数を踏むだけだと、間違ったコミュニケーション術が習慣化してコミュ障が悪化する恐れがあります。

コミュ障を治すには

  • 会話術の習得
  • 友達の作り方の見直し
  • 生活習慣の改善

この3つが必要です。具体的な方法は以下のページをご覧ください。

⇒ 30日でコミュ障から“元コミュ障”になる方法

 

3.ハイブリットの治し方

ハイブリット型の場合は、まずコミュ障を治しましょう。それから場数を踏んで人見知りを治しましょう。