スポンサーリンク

「練習して笑えるようにはなったけど」
「笑うと顔がピクピクする」
「ひきつって疲れる」
というあなた!

それは表情筋が衰えているからです。僕も笑顔練習して笑えるようになったものの、最初は顔がひきつってました。そこで今回は表情筋を鍛えて笑顔のひきつりを解消する方法を紹介します。

ひきつった笑顔のままだと

  • 相手に「無理してるのかな」とか「話合わせてくれてるのかな」などのストレスを与えてしまいます
  • その結果、初対面の時は普通に話せても、会う回数を重ねる毎に相手の態度は冷たくなっていきます
  • 「あの人といるとなんか疲れる」
    「ちょっと苦手」と陰で言われるようになるでしょう

でも、表情筋を鍛えれば

  • 自然と笑えるようになります
  • 頑張って話題を振らなくても、話を聞いて笑っているだけで相手は気分を良くしてどんどん話してくれます
  • あなたが笑っていると、周りの人たちが「何の話?」と群がってくるようになるでしょう

スポンサーリンク

笑うと顔がひきつる原因は筋力不足&硬直

本題に入る前に一つだけ。

「なんで表情筋鍛えるの?」
「それで本当にひきつらなくなるの?」
「信じられない」

と思っているかもしれないので、顔がひきつるとはどういうことなのか、最初に軽く説明しておきます。

 

1.使わない筋肉は衰える

風邪で長いこと寝込んだ経験はありませんか?僕は何度かあるのですが、体調が良くなって久しぶりに外出すると脚がピクピクなるんです。これはしばらく脚を使っていなかったため筋肉が衰えてしまっているからです。これは何となく分かりますよね。

これと同じことが顔でも起きるんです。
今まで無表情でいることが多く、笑うことが少なかった人は表情筋が衰えています。だから少し顔を動かすだけで凄い顔が疲れてひきつるんです。

 

2.表情筋が高くなって引きつる

あともう一つ。
顔も含めて、しばらく動かしていない体の部位は固くなります。骨折でギプスをしたことがあれば分かると思いますが、ギプスを外した直後って患部が動かないと思います。動かすための筋肉が衰えるだけでなく、組織そのものも固くなってしまうのです。

だからこそ、笑うとひきつるのを治すには表情筋を鍛える&解す必要があるんです。

 

ひきつった笑顔が治る表情筋の鍛え方

さて、ここからが本題です。
顔を動かして表情筋を鍛えていきましょう。

 

1.準備運動しないと表情筋がつる

最初は準備運動です。
表情筋も他の筋肉と同じで、いきなり動かすとつります

  1. 口内に空気を溜めて口を閉じる
  2. 右頬を膨らませて10秒キープ
  3. 左頬を膨らませて10秒キープ
  4. 鼻の下を膨らませて10秒キープ
  5. 口の下を膨らませて10秒キープ

 

2.「い」「う」トレーニング

準備運動が済んだら
早速筋トレに入りましょう。やり方は以下の通りです。

  1. 口をゆっくり「い」の形にする
  2. 口角を5秒かけてゆっくり上げ
    上唇を緩やかなVの字にする
  3. そのまま30秒キープ
  4. そこから5秒かけてゆっくりと
    口をぎゅっと萎めて突き出し
    口を「う」の形に変化させる
  5. そのまま30秒キープ

これを10回繰り返してください。
これで1セットです。
1日に2~3セットやりましょう。

このトレーニングをやる時は、以下のことに注意してください。

  • 「い」の口をする時は、
    歯茎を見せないようにする
  • 顎を引いてやる
  • 鏡を見ながら左右対称になるように調整しながらやる

もし鏡を見て口角が片方だけ上手く上がらない場合は、こちらの記事に解決法が載っているので参考にしてみてください。

⇒ 口角が片方だけ上がらない時はウインク?

 

3.最後に表情筋を解す

トレーニングが終わったら、最後にストレッチして表情筋を解しましょう。顔の筋肉は硬いと使い物になりませんからね。やり方は至って簡単です。

  1. 口を大きく開いてゆっくりと
    「あ・い・う・え・お」と言う
  2. 口の中に空気をためて
    空気を上下左右に移動させ
    口をフルフルさせる
  3. 口の左右・ほっぺ・鼻の下を
    舌で内側から押す

舌で内側から押した時、硬かったり筋肉っぽい所があったら重点的に押してくださいね。

 

笑顔がひきつるのが治ったら次は目

ここまでの内容をまとめます。

  • 顔がひきつる原因は表情筋の衰え
  • 筋肉は使わないと落ちる
  • 動かさない部分は固くなる
  • 表情筋を鍛えることで
    笑ってもひきつらなくなる
  • 表情筋も筋肉だから
    筋トレ前と後には必ずストレッチ

顔がひきつっていると、笑っても作り笑顔っぽく見えてしまいます。作り笑顔は相手に「無理してんのかな」とストレスを感じさせてしまうので注意です。

今回は顔のひきつりだけに焦点を当てましたが、作り笑顔っぽくなってしまう原因は他にもあります。その代表格が「目元」です。もし「目が笑ってない」と言われたことがあるなら、こちらの記事もチェックしてみてください。

⇒ 一目惚れする「笑顔目」の作り方

スポンサーリンク