コミュ障は人と話すだけでは治りません。
テクニックだけ学んでも治りません。
このページでは、元コミュ障(ADHD・発達障害持ち)の僕がコミュ障を克服する方法をご案内します。以下の項目に3つ以上当てはまる方はコミュ障ですので、最後までお読みください

  • 会話で何を話していいか分からない
  • 話題が思いつかないから自分から話しかけられない
  • 頑張って話題を振っても相手の返答を広げられない
  • 相手が話しかけてくれても、上手く返せず会話が終わる
  • 飲み会などでは、会話に参加できず空気になる
  • 自分がしゃべると変な空気になる
  • 初対面の人とは何とか話せても、顔見知りだと会話が続かない
  • 会う度に話題が無くなり気まずくなる
  • 仲良くなれそうな人がいても結局疎遠になって友達ができない

3つ以上当てはまらない人は、今すぐこのページを閉じてくださいね♪

 

人と話すとコミュ障が深刻化する!?

コミュ障を治したいなら、たくさん人と話して場数を踏め」と言う人がよくいます。これはそこまで間違っていません。コミュ障を克服するには確かに人と話さなければいけません。人と話さずに会話が上手くなるわけがありませんから。

ただし注意点があります。

それは人と話したら話した分だけコミュ力が上がるわけではないということです。最初のうちはいくら話しても一向にコミュ力は上がりません。たくさん失敗して恥をかきまくることになります。

「ただひたすら人と話す」という方法だけでコミュ障を克服するには、コミュ障が治るまでたくさん失敗を乗り越えて、失敗から学んで改善し続けなければいけません。かなり辛い作業です。

 

コミュ力はリバウンドする

もし途中で辛くなって人と話すのをやめてしまうと、せっかく上がりかけていたコミュ力が元に戻ってしまいます。僕はこれをコミュ力のリバウンドと呼んでいます。

コミュ力がリバウンドしたら、また0からやり直しになります。これがコミュ障が治りにくいと言われる理由です。

 

コミュ障が悪化する可能性有

「ただひたすら人と話す」というコミュ障克服法にはもう一つ大きなリスクがあります。それは自分の間違いに気付けなかった場合、間違ったコミュニケーション術が習慣化して、コミュ障が深刻化する恐れがあることです。

コミュ障が勘違いしている「間違ったコミュニケーション術」の例を以下に示します。

  • 会話は否定しちゃダメ
  • 話を広げないと会話が続かない
  • 面白い人は好かれる
  • 性格が悪い人は嫌われる

これらは全て間違いです。

 

楽してコミュ障を治す方法

コミュ障を治すには、実際に人と話すことが欠かせません。しかし、それだけではコミュ障が悪化するリスクがありますし、コミュ障が治るまで時間がかかって面倒くさいです。

もっと簡単かつ確実にコミュ障を治すには、人と話すことに加えて以下の2つの作業が必要です。

 

1.正しい会話術を学ぶ

まず1つ目は正しい話し方・付き合い方を学ぶ必要があります。正解が分かっていれば失敗せずに済みますし、道を間違えてコミュ障が悪化することもありません。

まぁ、これはコミュ障なら誰もが取り組んでいることだと思います。今あなたがこうして僕のサイトを見てくれているのも、正しい会話術を知るのが目的でしょうし。

しかし、実はこれだけでは足りないんです。いくら正しい会話術を学んだところで、それだけでは実践できないんです。いざ会話で実践しようすると「分かっていても上手く話せない」という状態になります。

 

2.普段やってないことはできない

なぜ正しい会話術を知っているのにそれを実践できないのか。それは普段やらないことをやろうとしているからです。

例えば・・・

 

「相手の話を聞く時は、ちゃんと相手の話に興味を持って聞きましょう。また、相づちを打つ時は、相手と同じテンポ・トーンで相づちを打ちましょう。テンポ・トーンの違う相づちは、相手が話しずらくなってしまいます。

 

これは会話の仕方としてはとても正しいです。しかし、この知識を知っていても、それだけでは実践できません。

普段から他人や物事に興味を持っていない人が、会話のときだけ急に相手の話に興味を持とうと思って興味が湧きません。

普段から周りと波長を合わせて行動していない人が、会話のときだけ急に相手と同じテンポ・トーンで話そうとしても上手くいきません。

普段していないことを会話の時だけ急にやろうとしてもできないのです。

 

3.生活習慣を変える

したがって、コミュ障を簡単かつ確実に治すには、正しい会話術を学ぶだけでなく、それを会話時に実践できるように普段の生活習慣から変えていかなければいけないのです。これが2つ目の作業です。

生活習慣から?面倒くさそう
と思うかもしれませんが、これはコミュ障にとっては朗報ですよ。だって生活習慣を変えることがコミュ障を治すことに繋がるということは、人と話さなくてもコミュ障改善トレーニングができるということなんですから。

 

恥ずかしい講座を始めます。

正しいコミュニケーション術とコミュ障改善トレーニング方法は、無料のメール講座で解説しています。

なんでメール講座?
ここで解説すればいいじゃん
と思うかもしれませんが、これには理由があります。

 

凄く恥ずかしい内容だからです

正しい会話術に関しては、過去に僕がした恥ずかしい会話例(失敗例)を交えながら解説してます。そして、コミュ障改善トレーニングの方はかなり恥ずかしい内容です。リア充が見たら「えwwwこいつこんなことやってんの!?涙ぐまし過ぎるw」ってなるような内容です。なので、非コミュ障も簡単に閲覧できるこのサイトで公開することには抵抗があります。

同じ悩みを共有できるコミュ障仲間にだけ教えたいので、メール講座で解説しています。

 

初回にマニュアルをプレゼント

メール講座に登録してくれた方には、最初に「コミュ障攻略マニュアル」をプレゼントします。このマニュアルでは、以下の悩みの原因と解決策を全て解説しています。

  • 友達ができない・会うたびに疎遠になる
  • 話題が思いつかない
  • 相手の話に上手く返せない
  • 会話が続かない、すぐ終わる
  • 上手く説明できない
  • 伝えたいけど伝わらない
  • 3人以上の会話が苦手
  • 自分が話すと変な空気になる

ぶっちゃけ、このマニュアルを見るだけでコミュニケーションに関する疑問の8割以上は解消されると思います。

第2回以降のメール講座では、上記以外の悩みの解説やトレーニング方法や、会話の難易度を下げる裏技人付き合いの面倒臭さを解消する方法など、さらに深い話をしていきます。

 

本当のコミュ障だけ登録してください。

できるだけ辛い思いをせずに楽してコミュ障を治したい方は、下のフォームから僕の無料メール講座「Synergy Communication」に登録してみてください。

無料登録フォーム

名前
メールアドレス

パスワード

※ドコモ・au・ソフトバンクなどのアドレスだと、メールが届かない場合があります。Yahoo!メールやGmailアドレスでの登録をおすすめします。

※名前は偽名・HNでも結構です。

※パスワードは自由に決められます。「コミュ障攻略マニュアル」を掲載してあるメンバーズサイトにログインする時に必要になります。

ページの先頭へ