スポンサーリンク

「口角が片方上手く上がらない」
「右は歯が4本見えるのに
_左は歯が3本しか見えない」
「だから笑顔が引きつって見える」

というあなた!
僕も笑うと左の口角だけ少し下がってました。原因は顎でした。今回はそんな僕が2週間で口角をほぼ左右対称に上げられるようになったトレーニング方法を紹介します。

これをやらずに放置していると

  • あなたが笑うと皆が苦笑いします
  • あなたは本当に楽しくて笑っているのに、「ごめんね。無理に笑わなくてもいいよ」と言われてしまいます
  • 最初普通に話してくれた人も、だんだん話しかけてくれなくなります
  • そしてこちらから話しかけると、「うわ~、なんか来たぁ」って顔をされるんです

でも、口角が左右対称に上がれば

  • あなたが話を聞いて笑っているのを見て、周りの人たちが「何の話?」と群がってくるようになります
  • 初対面の人も最初に笑顔で挨拶するだけで、すぐ懐いてきて「LINE交換しよう」と言われるでしょう
  • しばらく会ってなかった知り合いとぱったり出くわした時も、向こうから笑顔で駆け寄ってきます

スポンサーリンク

口角が片方だけ上がらない原因

さて、ここからが本題です。
まず、口角が左右対称に上がらない原因として考えられるものを列挙しました。ご覧ください。

  • 歯並びが悪い
  • 顎のラインがまっすぐじゃない
  • 両目の大きさ・位置が不揃い
  • 鼻筋がまっすぐじゃない
  • 頬骨の高さが左右で違う

さて、この原因を見てどうですか?
どれも歯列矯正とか美容整形とかしないと解決しないものばかりですよね?たくさんの時間と金がかかります。もうやんなっちゃいますよね。

ちなみに、僕の場合の原因は「歯並び」と「顎のライン」でした。特に顎ですね。下顎が右に傾いていました。

でも安心してください。
これから話すトレーニング法は
これらの原因をそのままにして、口角のバランスを整えられる方法です。

 

片目ウインクで口角を片方だけ上がる

その方法とは片目ウインク。
考え方としてはすごく単純です。
要は、片方だけ口角が上がりにくい骨格になっているわけですから、その上がりにくい方だけ余計に口角を上げるトレーニングをすればいいというだけの話なんです。

なので、これから
口角が上がりにくい方だけ、口角を上げるための筋肉を鍛えていきます。もっと具体的に言うと、頬の筋肉を鍛えます。それが片目ウインクなんです。

 

1.片目ウインク

やり方を以下に示します(以下では右の口角が上手く上がらない場合のやり方を説明します。左が上がらない場合は左右逆をやってください)。

  1. 右目をつぶりウインクする
  2. ウインクした目に、頬と口が最大限近づくように頬を上げる
  3. 10秒キープ

これを1日に10回やります。
何日続ければ左右対称になるかは、口角の具合によって違いますが、僕の場合は2週間でほぼほぼ左右対称になりました。

 

2.えくぼができるかも

ただし、一つ注意点があります。
この方法をやれば口角は対称になるとは思います。しかし、骨格に逆らってやっているので、トレーニングを行った側だけ、少し”しわ”や”えくぼ”ができることがあります。

僕も口角を上げると、右側だけ少ししわが寄ります。

「なんだよそれ!」
「左右対称の笑顔が欲しいのに」
「新たな歪みが生じてるじゃねえか!」

と思うかもしれませんが、安心してください。その程度なら自然な笑顔に見えますから。口角が曲がっていると引きつって見えますが、しわ程度なら気になりません。完全に左右対称の人間なんていませんからね。

 

笑顔がひきつるときの対処法

ここまでの内容をまとめます。

  • 笑ったとき口角が左右対称でないと、不自然な作り笑顔に見える
  • 口角が片方上がらない原因は、歯列や顎・骨格にある
  • 原因は整形しないと治らない
  • でも口角が上がらない方の頬筋だけ鍛えれば、口角はバランスよく上がる
  • おすすめは片目ウインク
  • でもしわやえくぼができるかも

今回紹介したトレーニングをやって顔がひきつる場合は、表情筋が衰えています。こちらの記事で紹介している表情筋トレーニングも合わせて実践してみてください。

⇒ 笑顔がひきつるのを9日で解消できる表情筋トレーニング

スポンサーリンク